テックキャンプ

このページではテックキャンプに入会した私が実際の体験を元に情報をまとめています。テックキャンプ入会を検討中の方のん参考になれば幸いです。

テックキャンプとは、短期間でもプログラミングなどITテクノロジーをマスターできる人材育成プログラミングスクールです。取り扱うコース内容はWEBやスマホアプリにAIなど最先端のITテクノロジーを学びたいという人にお勧めのスクールの1つと言えるでしょう。

長く通えるコースから、1ヶ月間だけという短期集中プランまで幅広く充実したコースラインとなっています。実際に受講した人の満足度は98%と高い点が魅力のスクールです。受講生は9000人と多く、信頼と実績のあるスクールとしても人気です。

Tech::Campはこちら

テックキャンプの学習コンテンツと習得スキル

プログラミングスクールのテックキャンプで用意している各言語について整理しました。

① WEBサービス開発(HTML, CSS, Javascript, Ruby on Rails, SQL)

テックキャンプでは、ベーシックなプログラミングスキルから、最先端のテクノロジーまで幅広くITスキルを学ぶことができます。その中でも人気が高いWEBサービス開発では、ホームページの作成に必要なベーシックなHTMLをはじめとして、WEBの画面を楽しく魅力的にアピールするために必要なJavascriptやCSS、Ruby on Rails、SQLなどを幅広くマスターできます。まったくの初心者でも、こうした言語をマスターすることでオリジナルのWEBサービスを作ることができますし、プログラミングスキルもアップできますよ。

② VR 3Dゲーム (C#, Unity)

近未来的なVRや3Dゲームにかかわるお仕事をしたい人や、自分でこうしたゲームを作ってみたい人におすすめなのは、C#やUnityなどのスキルです。特に最新技術のVRではこうしたスキルは必要不可欠ですし、マスターしていれば転職の際に有利になることは間違いないでしょう。

Unityはゲームエンジンの一つで、テックキャンプでは基本的な使い方をマスターできる他、もっと深い部分まで入り込んで、Unity上で開発した3Dゲームを稼働させられるまでのレベルが期待できます。

③ オリジナルサービス開発

プログラミングスクールは多数ありますがカリキュラム外の自作のアプリを作れるスクールはあまりありません。ITのプログラミングに関しては完全に初心者でも、テックキャンプのオリジナルサービス開発を受講することによって、WEBやVR、3Dゲームを制作できるスキルが身につけられます。自分だけのオリジナルWEBサービスを作りたいという人や、WEBを使って副業がしたいというひと、またWEB系の起業を考えている人なら、ぜひマスターしたいスキルと言えるでしょう。教材には載っていない細かい部分までカバーしてくれます。

④ デザイン(illustrator, Photoshop)

プログラミングスクールの中でも珍しいWEBでデザインに関するスキルを身につけたいという人におすすめなのが、このデザインコースです。取り扱うソフトはillustratorや写真加工ができるPhotoshopなどプロが使うソフトウェアで、ベーシックなスキルからセンスと技術を生かしてプロ並みの作品を作れるまでにスキルアップができます。Illustratorを使ってポスターやロゴを作ったり、Photoshopで画像を加工をし、WEBサイトをより美しく魅力的にアピールできるでしょう。

⑤ AI入門(Python)

昨今のプログラミングスクールでもメニューとして増えているのがAI。テックキャンプの中でも人気が高いのは、今後確実に発展すると言われているAIに関するテクノロジーですね。AIをプログラムするためのPythonの技術を学ぶとともに、AIに関する原理や仕組みを知ることによって、今後のキャリアにAIを上手く活用して問題解決できる人材を作り出しているコースです。データドリプン事業で飛躍したいセールスやマーケティングの人にも人気があります。

⑥ iPhoneアプリ開発(Swift, Xcode)

世界中の人達にアピールできるとともに、副業でお小遣い稼ぎにもつながるiPhoneのアプリは、初心者でも作ってみたいなと感じたことがあるのではないでしょうか。iPhoneアプリの開発ではXcode環境とSwift言語が使われていて、プログラミングの技術や文法などを学ぶことができます。初心者でもマスターしやすい言語で、コースを修了する頃にはアプリストアにリリースできるレベルになることも可能とのこと。これを受講するにはMacが必要です。

テックキャンプの学習プログラムのメリット

  • ➀オリジナル教材

    テックキャンプでは、これまでプログラム経験が全くない未経験者にも分かりやすいオリジナル教材を使っています。市販のものや無料のものだと最新情報や動向が反映されないことが多いのですが、テックキャンプのオリジナル教材は過去数千人のフィードバックを元に日々修正しているので、わかりやすいと評判です。

  • ②すぐ聞ける先生がいる

    分からないことを放置しても、分からないことがどんどん増えてしまうだけですよね。テックキャンプでは、分からない点や悩んでいる点は、素早く回答してもらうことができるので、疑問を即解消して次のレベルへ進むことができます。自宅やカフェなどでも学習できますが、生徒の多くはモチベーションアップもかねて教室内で学習しています。オンラインでのプログラミングスクールが多いなか、教室も用意しているのが特徴的です。

  • ③絶対に挫折させない学習サポート

    自分も経験がありますが分からないところに躓いてしまうと、挫折してしまう人もいるかもしれません。しかしテックキャンプでは、良い教材およびメンターが充実していて、初心者でも挫折することなく最後まで修了できる体制が完備されています。

テックキャンプに教室あり!教室一覧

プログラミングスクールと呼ばれるスクールは概ねネットで受講するスタイルが多い。けどテックキャンプは違います。

テックキャンプは、関東地方には渋谷校や新宿校、池袋校、東京駅前校、お茶の水校、早稲田校と6校が設置されています。自宅や職場のすぐそばで通いやすいロケーションでスクールを選べますし、営業時間はどこも少し残業をしてからでも通える22時までの営業となっている所が多いので、サラリーマンやOLでも通いやすいと評判です。中には就職に向けてITスキルをマスターしたい学生さんもいて、皆が切磋琢磨し合える学習環境となっています。平日は夜遅くまでの営業、土日祝日でも営業しているので、ライフスタイルに合わせて通いやすい点が人気です。

テックキャンプは中部地方なら名古屋に1校、近畿地方なら大阪に梅田校があります。残念ながらそれ以外の地域にはまだ進出していませんが、多くの人がIT技術を学びたいというニーズが増えれば、今後はもっと全国各地に進出する可能性が期待できますね。

テックキャンプでは、教室に通学する以外でもオンラインで学ぶことができます。むしろ私のように遠隔地の人はオンラインでの受講がメインとなるでしょう。

入会~支払い~受講までの流れ

テックキャンプの入会前から受講までの流れは簡単に以下のようにまとめることができます。

受講開始日より2週間前から教材を見ることができるのはいいですね。

テックキャンプに入会しようかなと考えたら、まずは無料体験会に参加してみてはいかがでしょうか?無料体験会では(WEBやAI)体験学習ができ、その後で実際に入会するかどうかを決めることができます。

テックキャンプは全国に8拠点ありますが、オンラインでも学ぶことができるので、そばに教室がない場合にはオンライン説明会という方法も良いでしょう。

入会金は少し高くて128,000円となっていますが、クレジットカードの分割払いにも対応しています。月額料金は初月は無料で2か月目から12,800円がかかることになります。

基本的には特定のコースに参加するのではなく、すべてのコースの教材を使って好きなコースを受講できるのが、テックキャンプの特徴となっています。これは他のプログラミングスクールでは無いので非常にお得だと思います。

無料テクノロジー学習体験会・説明会に参加しよう

プログラミングスクールを検討していて、テックキャンプに入会しようかなと考えたら、まずは最初に無料で参加できる学習説明会と体験会に参加することをおすすめします。この説明会では、テクノロジーを使うメリットを明確に理解できるとともに、どんな学習方法でどんな内容を勉強するのかを知ることが出来たり、実際に学習体験を受けることによって、初心者にも分かりやすく学べることを知ることにもつながります。

渋谷校での私の体験談の記事に詳細を書きましたので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

無料体験レポ→https://pg-happy.jp/techcamp-muryotaiken.html

さらに、テックキャンプの無料体験会に友人と一緒に参加すると、もれなくAmazonのギフト券500円分をゲットできるという特典もついています。

学習説明会と体験会の流れですが、最初にテクノロジー学習説明会を行います。

学習をする教室を見学します。質疑応答などはその後に受けているので、聞きたいことや質問はメモしておくと良いでしょう。

実際にテクノロジー学習体験会として、実際のテックキャンプの教材を使ってベーシックな部分を学習することができます。

体験会の学習時間は約90分となっていて、メンターに質問をしながら学べるというビッグな特典がついています。そして当日申し込みをすると、なんと料金が5%オフになるというお得なディスカウント価格が適用されるのでおススメです。

学習説明会がスタートしてから実際に体験会が終了するまでは、約2時間となります。体験会には実際に学習を受けようと考えている教室でなくても参加できるので、足を運びやすいロケーションの教室を選ぶことです。

申し込みは公式ホームページから簡単にできるので、ぜひ気軽に参加してみてはいかがでしょうか。また、もしも教室に通うことが難しい場合には、オンラインでも説明会を実施しているので、そちらから参加することができます。

テックキャンプ無料体験会はこちら

テックキャンプの料金と開催期・学習期間どんな感じ?

料金と開催期・学習期間

テックキャンプはいつでも自由に申し込めるというわけではなく、開催期のタイミングに合わせて申込むことになります。

開催期というのは学習期間のことで、例えば2018年の場合には、4月12日までに申し込めば同月16日~翌月の5月15日までの学習期間の枠で学べる、といった感じ。

再受講・継続学習とその料金

退会(休会)すると教材を見れなくなりますが、一度テックキャンプに入会した経験がある人は、退会後3か月以内の再入会なら入会金がかかることなく再受講することが可能です。公式ホームページには、継続エントリーできるページがあるので、必要事項を記入してサッと申し込むことができる様子。

簡単に再受講の申し込みができるので、継続学習がしやすいですね。また、プロのエンジニアを目指したい人のためのテックエクスパートの受講料も、入会経験がある人なら10万円オフで受講できます。

テックキャンプのエンジニア転職とは(TECH:EXPERTとは)

エンジニアとして転職したい人はたくさんいますが、激しい競争を勝ち抜いて自分が採用されるためには、やはり即戦力となるスキルを身に着けている必要があります。テックキャンプが提供しているプロになりたい人のためのTECH:EXPERTで学べば、転職成功率97%という高い実績からも分かるように、プロとして必要なスキルや知識を身に着けることができ、見事転職を勝ち取ることが可能となります。

このコースは、転職できなければ全額返金してくれるという制度がついています。つまり、それほど高い確率で転職に成功できるというだけでなく、それだけ学習内容に自信があるという現れと言えるのではないでしょうか。

テックキャンプのTECH:EXPERTを受講する際にかかる料金は19,000円からとなっていますが、27歳以下でかつ社会人としての経験が1年以上ある人に対しては、10万円オフの奨学金制度をキャンペーンとして行っています。また、過去にテックキャンプのコースを受講した経験がある人も、TECH:EXPERTの申し込みをする際には10万円オフとなります。

TECH:EXPERTでは、エンジニア転職がしたい人のための転職コース、起業やフリーランスを目指したい人のためのフリーランスコース、そして新卒でエンジニアとして働きたい人のための新卒コースと3コースがラインナップされています。コースをまず選んだうえで、無料カウンセリングの予約を入れればOKです。

テックキャンプでプロ人材の育成コースを受講することによって、腕にスキルをつけることができますし、今後の働き方にも幅が出るため、自由な働き方ができる可能性が広がるでしょう。また、自分自身の手で製品や商品を生み出すことは、今後のキャリアや満足感、達成感や充実感にもつながることは言うまでもありません。

→テックエキスパートはこちら

テックキャンプの法人様向けプランを整理

プログラミングスクールとしての側面だけでなく、3つの法人向けメニューがあります。

① プログラミング研修

テックキャンプでは、法人向けのプログラミング研修も行っています。中小企業から大企業まで利用している企業は多く、全国どこにある企業でも利用できるという点が魅力の研修で、企業のニーズに合わせて確実なスキルアップが期待できる研修内容だと好評です。

法人向けプログラミング研修では、Ruby研修、PHP研修、java研修、そしてVR研修と4つのプログラミング言語がラインナップされています。特定の言語に絞って研修を受けても良いですし、複数の言語の研修を受けることも可能ですね。テックキャンプの研修は、短期間でも社員のスキルアップが図れる投資という位置付けで人気。まずは資料請求から。

② エンジニアの紹介

テックキャンプでは、エンジニア採用を行っています。企業の中には、エンジニアが不足しているけれど、なかなか良い人材と巡り合えないことに不満を持っていたり、エージェントなどに紹介してもらっても、紹介してもらえる数が少ないために常に人材不足ということがあるものです。

しかしテックキャンプのエンジニア採用では、最短1週間で、スキルのあるエンジニアを紹介することができます。実際に、テックキャンプでは毎月20人ほどを紹介していて、企業の会社説明会に転職希望者を派遣したり、転職希望者へ直接アプローチできるなどの体制が完備されています。もちろん、企業側のニーズと求職者側の希望をマッチングした上での紹介となるため、お互いに満足度が高いエンジニア採用を可能にしてくれるでしょう。

③ 受託開発

テックキャンプでは、企業の企画を元にして、最速で製品のプロトタイプを作り上げる開発案件を受けています。

最短で2週間という超人的なスピードは各企業からも好評で、多くの受注を受けているわけですが、それを支えるのは、テックキャンプで実際に学んでいる受講生たちですね。プロのエンジニアとして転職することを希望している精鋭集団が、切磋琢磨しながら開発発注業務に取り掛かるため、満足度が高いプロトタイプの開発を可能にしてくれます。対応する作業は、案件の定義設定からデザイン、開発作業、サーバー管理、そして管理画面など多岐にわたります。

テックキャンプ

テックキャンプでswiftのマニュアルを読みながら学習を進めています。
いよいよinterface builder(インターフェイスビルダー)を使う時がやってきました。

しかし煮詰まってきてどうにも意味がわからなく ...

テックキャンプ

Xcodeにはplaygroundっていうのがあって、ビルド無しでswiftを動かせる。簡単なswiftの学習やちょっとしたコードの確認をするのに便利。

画面右側に結果がすぐさま表示される。
またタイムラインを使っ ...

テックキャンプ

テックキャンプでのiPhoneアプリ開発のカリキュラムが開始しました。WEBで教科書を読みながら進めています。

最初はiPhoneアプリを開発するための環境ツール(Xcode)のインストールと、プロジェクトの作成についてで ...

テックキャンプ

テックキャンプに申し込みをしてカリキュラムが始まる前にPC周りの準備をしていました。

そしてメンターとの初回面談の日となりましたのここでレポしたいと思います。私が最初に受講するのはiPhoneアプリ開発なのですが他のコース ...

テックキャンプ

No Image

Macを購入したはいいものの私が買ったのは海外版かもしれない。というのもキーボードに英語しかふられていないからです。画面上の各種文字は日本語が見えてるんですけど。。

で、Windowsの「半角/全角/漢字」に相当するボタン ...

テックキャンプ

iPhoneアプリの開発をするためにはWindowsでは駄目らしい(; ・`ω・´)

それで中古でMacBookを買うことにしました。

とは言え中古のMacBookでどこまで開発できるのか、またOSのアップデー ...

テックキャンプ

先日テックキャンプに本申し込みをして支払まで完了させました。

まだ受講開始日まで時間があるので、それまでの間に準備を進めております。

テックキャンプに入会したらどんなふうに進めていくのか、どんなツールを使うのか ...

テックキャンプ

テックキャンプのオンライン説明会視聴→教室での体験会と経験し、特に問題なさそう(実は問題あり)なのでその日のうちに申し込みしました。

問題というのはiPhoneアプリ開発はMacじゃないと出来ないのでMac買わないといけな ...