PHPやるのに覚えておきたい関数リファレンス(備忘録)

関数の使い方とか、便利関数とかをメモ。

関数の定義と使い方

関数を定義するときはfunctionをつけて記述。

function func1() {
  echo "this is func1";
}
func1();

関数への引数の渡し方

echo "<br>■関数に引数を渡す<br>";
function func2($hikisu) {
  echo "func2 : $hikisu<br>";
}

func2("あいうえお");
func2("3776");

関数の引数に初期値を与える

関数呼び出し時に引数を渡せば、その値が引数に入る。
関数呼び出し時に引数が無ければ、指定した初期値が入る。

echo "<br>■関数に初期値を与える。引数無しの場合に初期値が使われる。<br>";
function func3($hikisu = "ピカチュー") {
  echo "サトシのポケモンは:$hikisu<br>";
}

func3("イーブイ");
func3();

関数から返り値を受け取る

関数の最後でreturn を指定すればその値を受け取れる。

echo "<br>■関数から返り値をもらう<br>";
function func4($aaa = 100) {
  return $aaa * $aaa;
}

echo "<br>・引数なし<br>";
$bekijo = func4();
echo $bekijo;

echo "<br>・引数9<br>";
$bekijo = func4(9);
echo $bekijo;

関数内で定義された変数はその関数の中のみで有効

echo "<br>■変数の範囲:関数内で定義された変数はその関数の中のみで有効<br>";
function scope() {
  $aaa = "aiueo";
  var_dump($aaa);
}
scope();
var_dump($aaa); // NULL

PHPの便利な関数

便利な関数をいくつか。

echo ceil(3.14); // 小数点以下切り上げ
echo "<br>";
echo floor(3.14); // 小数点以下を切り捨て
echo "<br>";
echo round(3.141592, 4); // 第2引数で小数点以下の桁数を指定
echo "<br>";
echo round(3.14); //四捨五入
echo "<br>";
echo rand(1, 10); // ランダムに第1~第2引数までの整数を返す

文字列に関する関数。

echo strlen("abcde"); //文字列長をとる
echo "<br>";
echo mb_strlen("建国記念の日"); //マルチバイト日本語の文字列長を取る
echo "<br>";
echo mb_strlen("ABCマート");

実践で結構使いそうな関数

文字列を小文字に変換する。

echo "<br>■大文字を小文字に変換する<br>";
echo strtolower("HaPPy-cOme@pg-happy.jp");
echo "<br>";

文字列を分解する関数explode()。
PHP7.0前ではsplit()という関数があったけど、バージョンに伴いなくなりexplode関数を使うようになった。

echo "<br>■文字列をコンマで分解する<br>";
$json = "〒123-4567, 東京都中央区銀座, パソコン教室・コンサルティング, 画像1, 画像2, 9800円";
//var_dump(split(",", $json)); //php7.0からsplit関数は無い
$shop = explode(",", $json); //コンマで分解
var_dump($shop);
echo "<br>";

文字列の両端の空白を削除する関数trim()。

echo "<br>■文字列の両端の空白を削除する<br>";
foreach ($shop as $key=>$value) {
  $shop[$key] = trim($shop[$key]);
}
var_dump($shop);
echo "<br>";

要素の数を取るcount関数。

echo "<br>■要素の数をとる<br>";
$fruits = ["apple", "pine", "cherry", "peech"];
echo count($fruits); //要素の数