SEで年収1000万いく?大手・外資系・フリーの道

システムエンジニアのお仕事に限らず、年収1000万円を稼ぐことは働く人にとっては一つの目標ではないでしょうか。

職業によっては、この年収を達成しやすいものもあれば難しいものもありますが、システムエンジニアの場合には、年収1000万円を稼いでいる人は周囲を見渡してわりと居ました。

もちろん働き始めたばかりで経験もスキルも知識もなければ、システムエンジニアでも1000万円台の大台に乗ることは難しいですが、キャリアアップをする事で30代後半には十分に達成することは可能です。具体的にどんな方法があるのかをご紹介しましょう。

SEが年収1000万円を目指す主な方法

同じ会社でキャリアを積む

まず1つ目の方法には、キャリアアップをする方法があります。同じ会社内での昇進などによって、上流工程に携わるだけでなくメンバーをまとめる管理側の役割を得ていけば、年収も少しずつアップしていくはずです。

体感では30代後半~40代前半で管理職の役職がついて年収1000万円に届くイメージです。あるいは管理職の前段階で例えば係長や課長補佐クラスでも残業次第で30代中盤ですでに年収1000万超えることも珍しくありません。

私がSEやってた頃は35歳の係長上司がめちゃくちゃ残業して年収1000万いってました。。うらやましいとは思わなかったけど。汗

転職により年収アップを実現する

システムエンジニアの年収アップ転職では、プロジェクトマネージャーなどシステムエンジニアとしての転職だけではなく、ITコンサルタントとして転職することも可能です。

また、企業の規模によってシステムエンジニアの年収は大きく変わるので、福利厚生が充実していてお給料も高めの大手企業へ転職するという方法も良いでしょう。

そうすると某通信系のSIerとか総合商社のシステム屋とか誰もが耳にしたことのあるような企業の中途採用情報を仕入れるところになります。あとはコンサルティング会社なら20代でも1000万円に届く人もいます。

この辺からすでにSEという職域を超えたレベルでの年収アップの話になりますね。

外資系を目指す

外資系企業への転職も魅力的に映るかもしれません。外資系企業では、国内資本の企業と比べると実力主義なので、スキルや経験、知識があれば年齢に関係なくどんどんキャリアアップできる体制が整備されています。

スキルや英語力に自信がある人なら、外資系企業を狙っても年収1000万円を実現できるでしょう。

フリーランス、独立起業

フリーランスとして独立するという方法があります。 フリーランスなら誰でも1000万円稼げるというわけではありませんが、企業人として働いている間にネットワークを構築しておけば、フリーになることで大幅な年収アップが期待できます。

会社は社員だと社会保険料や税金を払わないといけないけど、フリーには払わなくていいからそのぶん多く払ってくれる、という考えでよいと思います。

ただし、フリーランスの場合にはシステムエンジニアとしての能力だけではなく、自分を売り込む営業力、クライアントとコミュニケーションを取るスキルや、プレゼンや交渉をするスキルなども必要となるので、その辺りはしっかり準備してからフリーになることです。

年収1000万円を目指せるSE関連職

一般的なシステムエンジニアとして働いていても、年齢を経て役職が付くことで年収1000万円に到達することは可能です。

しかし、長く働けばどんなシステムエンジニアでも1000万円を稼げるということではないため、やはり高年収を稼ぎたい人は高年収を稼ぎやすい職種のエンジニアを目指すという方法もあります。

PM

プロジェクトマネージャーはシステムエンジニアにとってはプロジェクトをまとめるリーダー的な立場となります。キャリアアップしてプロジェクトマネージャーになりたいという人は多いでしょう。

この職種になると、システムエンジニアとしてのスキルが求められるだけではなくて、クライアントとの交渉やスケジュール管理、システムエンジニアをまとめる管理職的な職務もこなすことになります。

わりと売上や利益面での成果を求められる立場でもあり、このエンジニアの平均年収は600万円~700万円程度ですが、企業によっては年収1000万円を超える事も可能です。

コンサルタント

ITコンサルタントも高年収を稼ぎやすいエンジニア職種です。このお仕事は、システムエンジニアとして培ってきたIT技術を活用しながら、クライアントに対してコンサルティングをするというお仕事です。

ITコンサルタントになると、実際にシステムエンジニアやプログラマのようにコーディングの作業をするわけではありませんが、知識やスキルを生かせるという点や、年収アップとキャリアアップができるという点で、システムエンジニアには人気のお仕事となっています。

ITコンサルタントの平均年収は、知識やスキル次第で800万円を超えることが可能ですし、私の友人は大手外資系でERPやってますが普通に1000万円は稼いでいます。

WEB系のマーケティング

WEB系というと利益率が高いことで知られています。WEBを利用するのでいわば顧客が日本全国(あるいは世界)が対象になります。SEのスキルや経歴をそのまま活用はできないかもしれませんが、物作りの視点からシステムを支え売上を伸ばす方向で成果が出せれば評価が高いです。

WEB系は全体的に若手人材が多く20代で部長職なんてザラに居ます。結果が個人の成果に表れやすいので適正な評価により年収アップが期待できるでしょう。

雇用形態や入社する企業規模から年収が違う

システムエンジニアとして働いている人が全員、年収1000万円を稼いでいるわけではありません。

この目標を達成するためには、高収入を稼ぎやすい環境に自分を置くという工夫も必要な努力なのです。

大手・上場企業へ

例えば、システムエンジニアが働く職場には中小企業から大手企業まで幅広くありますが、お給料という点では大手企業の方が高い傾向にあります。(Yahooの四季報のようなページを見れば平均年収が出てるので見てみてください)

平均年収を見ても、大手企業で働くシステムエンジニアの平均は800万円~1000万程度と高くなっています。大手企業への転職は競争率が激しくて難易度は高めですが、高収入を目指したい人なら転職に挑戦するという方法がおすすめです。

SIの仕事というのは日本だとどうしても公共→N社→子会社→下請け1→下請け2…という多重構造が見られます。それで下の方の会社で働いちゃうとそれだけで売上利益が少なくて、社員への給与も少なくなる傾向があります。なのでできれば上の方の企業に属した方が年収が高まる仕組みになっちゃっていると言えます。

実力があれば外資系企業を

自分のシステムエンジニアとしてのスキルに自信がある人なら、外資系企業に転職することもまた、年収1000万円を目指すための環境づくりとなります。

外資系企業では、競争が激しく実力主義という環境ですが、成果を出せば報酬も年収という形で自分自身に帰ってきます。システムエンジニアの平均年収が1000万円を超えるという外資系企業もあるので、高収入を稼ぎたい人なら転職にチャレンジしてみるとよいですね。

外資系企業の場合には、システムエンジニアとしてのスキルや経験に加えて、語学力もある程度のレベルが必要となります。目安としてはTOEIC800点程度なので、外資系企業への転職を目指すのなら語学力にも力を入れることをおすすめします。

自由と年収と安定を比較してフリーへ

システムエンジニアとしてのスキルに自信があり、コミュニケーション能力や人脈もすでに持っているという人なら、起業してフリーランスのシステムエンジニアになるという方法もあります。

友人はプログラマーよりでしたが30代前半からフリーになり1年目でいきなり年収が200万アップして700万になったと言ってました。仕事が年中あるかわからないという不安定さは気にする必要があります。

それに年収1000万円を稼げるかどうかは本人次第の厳しい世界ですが、ハイリスク・ハイリターンな環境をいとわない人なら、ぜひチャレンジしてみたい働き方かもしれませんね。

働き方は様々で企業にアサインされて月給をもらうスタイルもあれば、在宅ワークで納品ベースで物作りするスタイルもあるし、自分で製品を作ってリリースしてもいいし。

フリー(個人事業主)をやる方法

毎日大混雑している通勤電車に乗る必要がなく、自分のスケジュールで働けるフリーランスという働き方は、システムエンジニアに限らずどんな職種でも憧れる働き方の一つです。

システムエンジニアでもフリーランスとして働いている人はたくさんいますが、年収1000万円以上を稼ぐ人もいれば、なかなかうまくいかない人もいます。

フリーランスになると必ず成功できるという保証はないものの、スキルや経験、ネットワークがあればフリーランスのシステムエンジニアとして成功することは十分に可能です。具体的にどんな風に働けばよいのか、いくつかのパターンを紹介します。

営業が大変

フリーランスの場合、プロジェクトや仕事を得るするところからすでに自分の職務となります。

今まで築いてきた人脈でもいいし、HPを作って営業活動してもいいし、フリーランス用の会社に登録して仕事紹介してもらえるし、ランサーズなどのクラウドソーシングのサイトを利用して、案件を獲得してもよいのです。

派遣会社に登録して企業内にアサインされていく働き方だと一定の仕事量と年収は期待できますがそれだけだと年収1000万円は届かないかもしれないですね。

あとは個別の案件をいくつか並行して取り組むなども必要です。

マッチングサイトを使って営業

マッチングサイトを利用し始めは信用が無いのでいきなり大規模な案件をゲットするのではなく、小さな仕事をこなしながら少しずつ案件の規模を大きくしたほうが、評価や口コミなどがアップしやすくなります。

規模が小さな案件だと単価も低めですが、いきなり年収1000万円を稼ぐ人はいませんし、コツコツと積み上げることで人脈を構築できます。それによって定期的な案件をゲットすることにもつながりますよ。

単価交渉も重要

また、フリーランスとして働く場合には、報酬の交渉がとても大切です。最初は低めの単価でも、定期案件なら少しずつ報酬について交渉してアップしてもらうなど、交渉スキルも必要不可欠です。

無理して安い仕事を取らないというのも重要で、これをやると自滅しかねないので注意しましょう。

SEにおすすめしたい年収1000万円の道

個人的にお勧めしたい年収1000万円を超える方法をいくつかのパターンで紹介します。

学歴がなくて大手に転職できない方は次のようなことを考えてみてはいかがでしょう。

・会社員でSEをやりながら、副業で個別案件をとる(主にちょっとしたプログラム開発など)
プログラミングが出来るSEなら会社とは別で開発案件をかかえてやる方法です
会社員のSEで年収800万+個別案件で年間200万なら届きそうじゃないですか?

・SEをやりながら、自分でアプリやサイトを作って販売収入や広告収入を得る
アプリやサイトは1度作ってヒットすれば売り上げが一定期間上がり続けるのがすばらしいです。
完成して軌道にのるまでは大変ですが、のればSEの給料を軽く超えることもあります

→ちなみに自分はこのタイプで、もともとやってた仕事の合間にサイトを作ってたら、それだけで年間1000万円を超えてしまいました。
いまはSEはやってないんですけど、これ結構おすすめです。

・会社員をやりながら、別でチームで開発をやる
友人と起業するパターンです。チーム戦なのでお互いのフォローもできるし大きな案件に携わることもできます。
仕事量と報酬の分配を先に決めておかないともめるので気を付けてください。