プログラミング挫折から復帰した自分が、挫折しなくなった方法

私自身15年以上前にプログラミングを経験していますが、今またプログラミングの学習を始めて今度はちゃんと継続できています。

そんな挫折と復帰を繰り返しながらいよいよ頑張れるようになったポイントをお伝えしたいです。

いまプログラミングで挫折しそうな人に、危険なポイントや乗り越える考え方などを紹介します。すべての人に当てはまることは無いと思いますが、挫折する人の多くの共通点なんかもわかってきたので参考になれば幸いですね。

プログラミングに挫折する理由

プログラミングの経験がない人にとっては、スクールや専門学校、はては大学などで勉強せずまったくの独学からスタートすることは、コツをつかんだ勉強を効率的にできないので、あまりおすすめではありません。

独学で始めたけれどすぐに挫折してしまったという人は多くいるので、独学こそ挫折しやすい原因はたくさんあります。

プログラミングのエラーが解決できないで挫折

私がよく挫折した理由の1つにエラーが解決できないという点があります。これは独学に限ったことではありませんが、プログラミングでエラーが出た場合、どこにエラーがあるのかを発見して修正しなければ、システムは作動してくれません。

エラーメッセージは主に英語で書かれておりそもそも英語を嫌っている自分には萎えてしまう最大の要因でした。もちろん今時は翻訳ツールを使ったり検索して答えを探すこともできますが、それでも根の深いエラーは答えにたどり着くまでが非常に大変なのです。

エラーが出てもどんなふうに解決したら良いのかが分からないと、そのまま放置されることになります。そんなエラーが積み重なればもはやアプリが動くはずもありません。それがモチベーションの低下につながってしまうわけですね。

操作ミスや環境要因の問題を解決できない

こちらもエラー解決と同じような感じですが、教材やQ&Aサイトを見ながら学習したり自分でアプリを作っているとよく起こります。教材と同じことをしているのに同じ結果にならないこともしばしばあるのです。これが腹立つわけで。

初心者だと操作ミスやコマンド打ちミスやコーディングミスに気付かないので同じ操作をしているつもりでも違っていて結果が合わない事があります。

それと自分の開発環境と教材の開発環境の若干の違い、バージョン違いによって起こるエラーや相違に気づけないので、これもイライラさせる要因の1つになりえます。

プログラミングの勉強の仕方がわからなくて挫折

何をどんな風に勉強したら良いのか分からないという点も挙げます。面白そうだな、やってみたいなと思って書籍を買ってみたけれど、最初のページを見ても理解できず、そのまま本を閉じたまま二度と開くことがなかった、というケースはとても多いのです。

プログラミングは、コツをつかんで効率的に勉強することができれば、未経験者でも楽しくスキルアップが期待できます。しかし独学は勉強の仕方がわからないと途端に困難な道のりになってしまいます。

手を動かすことができない

テキストや動画を見て内容を理解しているし納得できたけれど、実際に自分がソースコードを作る時になると、まったくできないという点が挙げられます。

未経験者向けの学習サイトの中には、動画を見て内容を理解したら、自分で実際にソースコードを作ってみて反復練習ができたり、ソースコードを見ながら穴埋めで演習を行うなど、目で見るだけではなくて、手も動かしながら学べるサイトがたくさんあります。

そうしたものを利用すれば、頭では理解したけれど手が動かないというジレンマを予防できるでしょう。

方向性がわからなくて挫折する

いくら頑張っても自分のレベルがどのぐらいにあるのかを確認できないために、モチベーションが下がってしまうという点があります。

プログラミングの学習サイトなどを利用すると、レベルごとにコースが分かれているので、それなりに自分の立ち位置やレベルを把握できますが、独学ではそうした物差しはありません。

自分が勉強している方向性があっているのか、どこまで進んだのかを把握できることは、モチベーションを高く維持しながらプログラミング学習を続けるためには、大切な条件の一つと言えるでしょう。

いい教材に巡り合っていない

教材といえば最初に思い浮かぶのが「書籍」です。Amazonや書店で探せば色々出てきます。1つの言語に対して4つも5つも本を見つけることができるでしょう。

注意したいのは自分に合う教材かどうかは実際に買ってみて、自宅で読んでコーディングして進めてみるまで気づかないのです。それに書籍だと発行年や言語のバージョンもちゃんと確認しないと古い場合があるので気を付けないといけません。

書籍の他にはWEB上で学習できるサービスもあります。こちらは最初は無料で閲覧できたりするので、そういうのをいくつか比較していい教材と巡り合うためにリサーチしてみるとよいと思います。

プログラミングで挫折しないための方法

これからプログラミングを勉強してみたいという未経験者は、挫折しないためにいくつか工夫することが必要です。同じプログラミング言語を学ぶ場合でも、独学よりは、しっかりと敷かれたレールの上を走ったほうが、短期的にも長期的にも、満足度と完成度がともに高いスキルを手に入れることができるでしょう。

問題やエラー解決できる有料の環境を作る

分からない点を放置せずに済む環境を作りましょう。どんなにハイレベルなプログラマーでも、ソースコードの中で必ずエラーは発生します。

一般的にはコーディングの時間よりもエラー解決の時間のほうが長いと言われています。

未経験者の場合には、どこにどんなエラーが出たのかを自分で見つけることが難しかったり、エラーメッセージが出てもどんなふうに修正すればよいのかが分からないということは多いものです。

エラーを修正する方法が分からなければ、そこから先に進むことができませんよね。そのためプログラミングスクールに通う、オンラインで質問できる制度が完備されている学習サイトを利用するなど、分からないところを素早く解決できる環境を作ることをおすすめします。

無料のQ&Aサービスもありますけど、いつ答えが返ってくるかわからないし、回答者に責任が無いので回答が正しいかもわかりません。有料のQ&Aサービスであればそれなりのサービス品質が期待できるというものです。

有料だけど専門学校やスクールを検討する

挫折しないための手段として専門学校やプログラミングスクールに通うことも挙げます。

実際に通学するタイプもありますし、もしも時間的に難しい、通いやすいロケーションで見つからないという場合には、オンラインでも通学と同じようにリアルタイムで生放送の講義に参加でき、講師に質問できるようなシステムの学習システムはあります。個人的には通学時間がもったいないのでオンラインのほうが好きです。

私もプログラミングスクールに通って学習してきましたが、何度講師に助けられたかわかりません。講師の豊富な知識と経験の中から自分が直面している課題へのアプローチを考えてくれるので、彼が居なかったら自分はここで辞めてたかもしれないということが何度もありました。

専門学校は何年もかかるし学費が高いので、より専門的にプログラミングのみにフォーカスしたスクールのほうをお勧めします。

私が通ったいくつかのプログラミングスクールの比較はこちら

モチベーションを保つ環境に身を置く

モチベーションを高く維持する環境を作るということも重要です。

例えば、プログラミングスクールに通えば、1人の講師がマンツーマンでサポートしてくれるスクールもあります。

またそこで一緒に学ぶ友人ができたり、同じクラス内で学ぶ級友たちと意見交換をする機会を得ることができます。そうすれば、一人でコツコツと頑張るよりも、楽しくプログラミングを続けやすくなります。

オンラインの学習サイトを利用する場合でも、同じコースを受講している人たちが意見交換できる掲示板やコミュニティなどを利用することで、同じレベルの人とともに頑張っているという気持ちになれますし、もっと頑張ろうという競争心も芽生えますよね。

プログラミングスクール選びでは、そうした点も良くチェックしながら選ぶと良いでしょう。

それからTwitterで同じように頑張ってる人と繋がるのもよいと思います。初心者で学習始めたて、という人多いのですぐフォローできると思います。フォローすればフォローし返してくれる人もいます。

目標と手段をリンクさせる

モチベーションを高く保つ方法とも似ていますが、「なんのためにプログラミング学習するのか」これが確立している人は強いでしょう。

自分はアプリを作って起業するんだ、自作アプリを何個か作って就職活動で使うんだ、プログラマーとしての市場価値を高めたい、、、様々な目標があると思います。

そのために●●言語を学ぶ必要がある、この教材で学ぶと効率的だ、この教材の事例を流用したい、そういった目標とプログラミングという手段がリンクしていれば挫折しそうになってももういっちょ頑張るか、となれるのです。

「明確な目標を立てる」ということはお金もかからないしいつでもどこでもできる作業なので是非やるとよいです。

プログラミング学習はお金がかかる

プログラミング学習は無料で独学でできるのは間違いありません。それで上達する人もいるでしょう。

けど挫折しそうな人、挫折した経験がある人はお金をかけて自分に投資して学んでいます。目指す目標が高いのであればそのための投資と割り切る事ですね。その方が貴重な時間の短縮ができますし、目標に到達すれば投資したお金や時間を取り戻すことは可能です。

自分の目標が高いならそれだけ差し出さなきゃいけないものも大きくなるってことです。

お金を出すことでメリットもあります。それは「取り返さなきゃ」「損したくない」という意識が働くからよりモーレツに学習する意欲がわくという点です。私も3カ月何十万円のスクールに通っていますが挫折とか言ってる場合じゃないですよ(笑)

挫折して辞めようか、頑張るのかはっきりしないのは無駄に時間を浪費している状態です。やらないならやらないでいいんです。うじうじしてる人はどっちか決めることをお勧めします。